イタリアで生活する歌手   渡辺弘樹が送る      「アナログ」な生活…


by mondoarmonia

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
あぐり りんくす
Gomamongara ?
◆ Mamma ho f...
農のいろは塾 ≒ 行った...
イタリア子連れ放浪記
ばーさんがじーさんに作る食卓
Ryoの気ままにフォトブログ
buonviaggi.e...
ぼのこじ日記
La Vita Tosc...
2008年にイタリアンレ...
彩つ頃
Vivere in To...
GREEN AVENUE
トルコ子育て生活
イタリアを楽しもう!
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
海の向こうで(カリフォル...
施基彩々
奈良 野菜ソムリエの店 ...
Paw
ほんのわの読書日記   ...
It's a うさラビ ...
Facciamo una...
Alex's Diary
女は度胸!やるっきゃないもん
SCRAP BOOK  ...
フランス Bons vi...
Diario
VINO! VINO! ...
Sotto il Cie...
IL Nostro Ni...
カッラーラ日記 大理石の...

携帯からはこちら・・・

http://mblog.excite.co.jp/user/analogico

よろしく!

掲載写真の無断使用は
お断り致します。

Copyrights(c) 2007
All rights reserved by mondoarmonia

人気ブログランキングに参加しています! 
ご訪問の際は是非この下のロゴを1クリック、お願いします!
皆様の清き1票を!


人気blogランキングへ



HEROへ直接メールしたい方は  こちら!
hiro_w_it@hotmail.com



エキサイト以外のブログ

Ride on Music!
春日町まで
『5月の歌』という名のレストラン
ジャックとブリだーと『田舎な香港』
ドイツ発 あたし的ブログ
ドラゴンストーリー イタリア料理
薫子流♪アロマテラピーケア日記
ミラノ駐在ブログ
あやのすけきままなお散歩
夢にしがみつく
東の果てのユートピアン
ミラノ暮らし
jacqueline a genova
てげてげで行こう!
やのともこの部屋
Dolce Foto ワンコ写真を甘く、ゆるく・・・

カテゴリ

全体
Teatro - 劇場・仕事
amici - 友人
natura - 自然
cibo - 食
column - コラム
altro - その他
profilo - プロフィール
未分類

最新のトラックバック

小澤征爾 齋藤秀雄 フォ..
from ほんのわの読書日記     ..
小澤征爾 齋藤秀雄 フォ..
from ほんのわの読書日記     ..
「森のきのこグラタン風味..
from どんな味かな。Before ..
car insurance
from car insurance
富山 結婚式場
from 富山 結婚式場

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
料理・レシピ

画像一覧

<   2007年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

朝市

今朝は朝5時半おきでうちから1時間ほどのところの魚市場へ。

場所は大分県別府市日出(ひじ)まち。
ここの深江ってところにちっちゃい漁港があって、そこで毎朝朝市が開かれます。
e0104154_1155840.jpg

e0104154_11552774.jpg


一応朝市で競りで魚をおとしていくのは業者さんや店を持ってる人だけ。

でも、ここで落とされた魚はすぐその場でそれを買った業者さんや店を持ってる人たちから3割り増しで買うことが出来ます。

昔はほんとに地元の人しか買いに来ない・・・というか地元の人も来てんの・・・?
って、思うくらい人が少なかったのに、最近は結構遠くからも買いに来る人がいるみたいです。

e0104154_1157434.jpg

小さな建物の中でこんなふうに魚が並べられ、競りが始まります。

e0104154_11581881.jpg

ちょっとわかりにくいけど、これが競りの最中。
帽子をかぶってる人たちが競りで落としてる人たち。
周りにいるのは、いくらで落とされるかを見ている客。

ここ、ほんとに安いんです。
穴場だからあんまりいいたくないけど、今日は大放出サービス。
どんな魚がいくらくらいか・・・・お教えしましょう!

e0104154_1221161.jpg

このあわび、大体2000円前後。 これに3割足して2600円。
一ケースの値段です。
そしてその上に見えるカワハギ。
約2000円。
カワハギは刺身にするとふぐと比べ物にならないくらいうまいです!

e0104154_1244746.jpg

これはトビウオ。
800円。 3割り増しで1040円。

e0104154_1262874.jpg

この辺は大体1000円から2000円。
右上にはふぐが見えます。
これはたぶん名古屋ふぐ。
このふぐ毒もってないんです!

e0104154_1275063.jpg

これはハモ。
安いです。 200円。

e0104154_12101331.jpg

これはホウボウ。
1300円。

e0104154_12105353.jpg

このモイカはでかかったです。 2-3年物ですね。
今日はお買い得! なんと、おなかの中にはゼンゴ(アジの小さいの)が4-5匹入ってます!
2500円

とまぁ、こんなかんじで、ほんとに魚が安いんです。
魚好きにはたまりませんね・・・・
実際スーパーや魚屋さんに並ぶと最低これに5~7割り増し。
最低です。
普通は倍以上つけるもんです。

それ考えるとほんとに安いでしょ?

今日はいろいろ買いました!
それがどう料理されたかは、また明日!
いくら買ったかもお知らせしま~す!


デジタル人もアナログ人も、ポチッとよろしくお願いします!
これからも応援よろしく!
コメントもよろしく!!!
さぁ今日も一日一善、一日一ポチッ
人気blogランキングへ>
by mondoarmonia | 2007-05-31 12:16 | cibo - 食

青梅味噌、青梅しょうゆ、らっきょう、しょうが

今日は、うちご飯は母親に任せて保存食つくり。

うちの庭にある梅をとり、少なかったので少し買い足していろんな保存食作りました。
梅のほかに泥ラッキョウや新ショウガも今出回ってるのでこれもつけることにします。

といっても、すべての工程、俺がここにいる間に終わるものがなく、最後は母親に任せるのですが・・・・

ことしは、ちょうどいい時期に日本にいるので、梅も密輸しようと思ってます!

まず、青梅。
e0104154_9295077.jpg

よくある砂糖漬けや梅酒はおいといて、今日は母親も知らなかった青梅味噌と青梅しょうゆ。

って、こんなに大げさに書いてるけど、簡単なんですよ。
これ、ほんとに簡単なんで是非作ってみてください!
しかも、うまい!

これあるとちょっと料理に足すだけで一味もふた味も違う料理が出来ます。

まず、青梅味噌。
青梅を洗ってヘタをとり、水気を切っておきます。
次に味噌。
米味噌を使います。
米味噌500gに砂糖100gくらいでいいです。
これをよく混ぜ合わせ、保存ビンに味噌-青梅-味噌・・・・てな具合に交互につめていきます。
これでおしまい。
e0104154_9313791.jpg

あとは大体1ヵ月後に梅を取り出します。
もし、酸味の強い味噌がいいときはもっと長くつけとけばいいです。

この味噌、保存してると味がどんどん変わるので、自分の好きな味を見つけるのもいいと思います。
保存は半永久的にOK!
熟成された梅味噌もおいしいですよ!

次に青梅しょうゆ。

これは保存ビンに洗って水気を切った青梅を入れてそこにしょうゆ(減塩でもいい)をひたひたになるくらいまで入れておしまい。
10~2週間くらいで梅を取り出します。
これも酸味が強いほうが好きな人は、もっとつけといてもよいです。
こっちも保存が利くので、一度に大量に作ってると後々楽でいいですよ!
e0104154_9345949.jpg


ちなみに味噌漬けもしょうゆ漬けも、取り出した梅は食べられるので、捨てずに使いましょう!
そのまま食べてもいいし、細かく刻んでマヨネーズと合えたり、ご飯に混ぜたり・・・・お好みで・・・

さて、泥つきらっきょう・・・・
これも簡単。
まず、根っこの部分と上の硬い部分を切ります。
ま、たまねぎをむく要領で・・・
そのあと、ラッキョウはすべてよく洗っておきます。
e0104154_951477.jpg

甘酢につけるにしろしょうゆにつけるにしろ、まずは塩漬けします。
塩600グラムに水2リットル。
これを火にかけ塩をすべて溶かします。
ここで完全に塩を溶かさないとカビの出る原因になるので気をつけましょう。
この塩水が完全にさめたら、さっきのラッキョウを入れ保存ビンへ。
これでこのまま1ヶ月。

そのあと塩出しをします。
た~っぷりの水につけて2~3日、朝、晩と水を替えながらおいておきます。
塩出しがすんだら茎の部分を切り落として形を整えます。
それを流水でもみ洗いします。
こうすることで余分な皮がはがれていきます。
これで塩ラッキョウの出来上がり。

この塩ラッキョウを使って、甘酢漬けをつくります。
酢 300cc、水 100cc、砂糖 大さじ 9、鷹のつめ 1-2本。
鷹のつめ以外をなべに入れ、火にかけ砂糖を溶かします。
溶けたら鷹のつめを入れ冷まします。
この後、すべてを保存ビンにいいれ2-3週間後から食べられます。
自分でつけたものはうまいです。

そして、しょうが。
新ショウガを水洗いしてスライサーなどを使ってうすーくスライスします。
e0104154_9551141.jpg

これを甘酢につけます。
酢 500cc、水350cc、砂糖400g、塩 小さじ2をなべに入れ一煮立ちさせて火を止めます。
この熱い甘酢を新ショウガにあわせます。
保存ビンに入れた新ショウガの中にこの甘酢を入れると、なんとしょうががピンク色になるんです。
e0104154_9554714.jpg

e0104154_956820.jpg

こんな感じ。

どれもこれも簡単です。
こんなのが家にあると、時間のない時なんかはこれでパパッと一品できちゃうんですよね!
ほんと便利なものです。

この旬なときにちょっとやってみませんか?
この週末あたり、いいと思います!

ちなみにうちご飯はこんなんでした。
e0104154_9584988.jpg

豆ご飯、ハチクの味噌汁、ブリのあら煮、ぬか漬け、葉にんじんの炒め煮


 デジタル人もアナログ人も、ポチッとよろしくお願いします!
これからも応援よろしく!
コメントもよろしく!!!
さぁ今日も一日一善、一日一ポチッ
人気blogランキングへ>
by mondoarmonia | 2007-05-30 09:59 | cibo - 食

ジェノベーゼならぬジャポネーゼ

今日は大葉が沢山手に入ったので、それを使ってパスタを一品。

とりあえず最初に今日のメニューをお見せしましょう!
e0104154_1016819.jpg


もう、母親が全部いっぺんに写してきれいにとって!ってうるさかったので、一枚。

横で父親が、こんなん何料理かもわからん、ごちゃ混ぜやねぇか・・・
といっていましたが・・・・・

日本は和洋折衷がいいのよ・・・・と、母の反論。

ま、うちはいつもこんな感じです。

さて、今日は母がゴーヤチャンプルーと蕎麦の実と野菜のトマトスープ煮を作りました。

ちょっと用事あって外出して倒れですが、家に帰ってみるともう既にこの2品は出来ていて、弟たちが来るっていうんで、俺も急いで作りました。

でも、ウインナーパンは朝のうちに作ってたし、パスタソースも外出前に作っていったのであとはパスタをゆでるだけだったんですけどね・・・
e0104154_10213271.jpg


予想通り、ちょっと隙間が狭かったのでみんな仲良くくっついてます。
天板がひとつしかないってのが問題なんですよねぇ・・・

今日は、母親にもう一枚天板を購入するようにいっときました。

あと、野菜が食べたかったので、今日、近所から沢山もらった立派な大根でサラダを。
何の変哲もないけど、しいていえばドレッシングに一つだけ変わったものが・・・
ドレッシングは、オリーブオイル、ワインビネガー、しょうゆ、それにカシスマスタードを入れてよく混ぜたものです。
e0104154_10391061.jpg

これ、カシスのいい香りのするマスタードで、色はピンク色なんですよ!
百貨店なら売ってうと思います。
ちょっとした料理を出すときに、こういうマスタードでドレッシングなんか作ると、話題の的になると思います!
肉料理にもよく合います。

さて、本題のパスタですが・・・・・
一見ジェノベーゼみたいでしょ?
ジェノベーゼは沢山のバジルに松の実、にんにく、パルメザンチーズ、それにた~っぷりのオリーブオイルを入れてミキサーにかけます。(ほんとはすり鉢で擂るとおいしいんですけど・・・)

これだけ。

これを熱々のアルデンテなパスタに混ぜれば出来上がり!

なんですが・・・・・
日本はバジル高いし、うちのバジルもジェノベーゼするほど沢山に育ってないので、今日はちょっと視点を変えて「大葉」で・・・
e0104154_10394046.jpg


なんか想像つくでしょ?

でもこれ、マジでうまかった!
これはね、レストランで出したら間違いなく売れるね!

俺、登録商標とったんで、レストラン関係者の方、店で出すときは一言宜しく。

名前はジャポネーゼってことで。
あ、でも、大分で発見したし、オオイテーゼとか、大分弁からとって「オオイタンシーノ」なんて面白いかも??? (^c^)/ 大分の人なら意味わかると思う・・・・・

これは、マジでお勧めなんで一度家庭で作ってください。
普段のジェノベーゼを作るときのバジルを大葉に変えるだけです!
やってみてくださいね!

今日は、うちのわんこのテンちゃんも大満足!
e0104154_10331094.jpg


e0104154_10335698.jpg


e0104154_10341615.jpg




デジタル人もアナログ人も、ポチッとよろしくお願いします!
これからも応援よろしく!
コメントもよろしく!!!
さぁ今日も一日一善、一日一ポチッ
人気blogランキングへ>
by mondoarmonia | 2007-05-29 10:41 | cibo - 食

母の味とスフレロール

今日はほんとに暑かった。

大分は日本で一番暑かったみたい。
確かにあまりの暑さに家中の扇風機を出しました。

今日は、家の片付けと掃除。

とりあえず、使わなく部屋を両親に片付けるように指示。
キッチンのテーブルの上を一輪挿し1本だけ常にあるように片付け、それに伴ってキッチンの収納も整理。

ばあちゃんと花屋に出かけ、珍しい草花を購入。
内緒だけど、その花屋で「オ、これは珍しい・・・」って花をすこし分けてもらい?!それを挿し木に。(そんなただで分けてはくれない・・・・てことは・・・)

おかげでキッチンは少し片付いたけど、次は使わなくなった部屋を何とかすること。
これは、母親の仕事やのに・・・ とにかく仕事が遅い。
やり始めると、何か出てきたり、他のこと思い出して手が止まり・・・・・
結局、見た目な~んにもかわってない。

ま、いつもこんなんなんだけどね・・・・・

夕方は父とばぁちゃんと買い物へ・・・・
ばぁちゃんと買い物に行くと、「これ食べてえなぁ・・・」っていうもんがおおいんやけど、
それはまず、ほとんどがイタリア料理。
しかも、レトルトのところとかにいって、イタメシの研究してんだよね・・・・
で、おいしそうな写真とか見つけると俺を呼びに来て
「これはなんかぇ? おいしそうやなぁ・・・・」
と。
これ、作ってくれっていう意味なんです。
こうなると、俺も、いいよ作ってあげるよ・・・・ってなことになり、数日後に食卓へあがる・・・と。

でも、今日は俺は片付けたくさんしたのと、いろいろとまえに買ったものやもらい物が沢山あったので、日本食です。
しかも、全部母が作りました。

うち、両親は日本食のあっさりしたものが食べたい・・・って人なんですよね・・・
ばぁちゃんがいつもイタメシがいい・・・・ていうんで最近はいつもイタメシでしたが・・・

ほんと、変なうちです。

で、今日のメニューはこれ!
e0104154_947574.jpg


ふきと揚げのたいたん
小松菜のおひたし
春菊のおひたし
ウドのキンピラ
春キャベツと豚肉の味噌炒め
ハチクとたまねぎ、ジャガイモの旨煮

です。
e0104154_9534470.jpg


e0104154_954487.jpg


俺はなんだかんだ言って毎日イタメシ作ってたけど、実は一人でこういうものばっかり食ってました。
いつも弟やおばや・・・と誰かが来るので、そのときはもちろんもてなすので、量が足りなくなる。
そうなると、俺は食べずにいつも日本食をくう。
ってなかたちです。

今日は、この夕飯の前に、母がロールケーキ大好きといってたのでスフレロールを焼きました。
e0104154_953548.jpg


ロールケーキって簡単なんですよね。
普通のケーキみたいに難しくないから失敗することはまずない。
今日は和食のあとに、このケーキでしめました。
ばあちゃんは何気に2切れ食べてましたね・・・・
ほんと、これだから元気なんだよ・・・・

まだいっぱいのこっとるから、また食べたら・・・?
e0104154_957197.jpg



デジタル人もアナログ人も、ポチッとよろしくお願いします!
これからも応援よろしく!
コメントもよろしく!!!
さぁ今日も一日一善、一日一ポチッ
人気blogランキングへ>
by mondoarmonia | 2007-05-28 09:58 | cibo - 食

アスパラのリゾット

今日は母親がアスパラのリゾットが食べたい・・・・
なんていうんで、ほなつくろか?
ってことで、うちの夕飯はアスパラのリゾット。

実は、用意をし始めたとき、カメラの充電が切れていたことに気づき、待つのもいやだったんで、
工程をとることが出来ませんでしたが・・・・・

でも、簡単ですから・・・・
ねっ・・・

まず、俺はアスパラを数本用意しておいたコンソメスープと一緒にミキサーにかけます。
これはこのままおいといて、次ににんにく一かけを用意し、手のひらでつぶしておきます。

オリーブオイルを入れたフライパンにつぶしたにんにくを入れ、香りを出します。
そこに米を入れていためます。
日本の米は粘りけが出やすいんですが、もしほかの米が手に入らなければそれでもいいです。
もし、古米なんかがあればそっちのほうがいいと思います。

うちは、食べる直前に米を挽くんですけど、どのくらい挽くか、調整できるんで、今日は5分挽きくらいにしました。

米がよくいたまったら、先にミキサーにかけておいたアスパラを投入!
ここでもよく火を通し、火が通っていい香りが漂ってきたら、火を弱火にします。

あとは、別ナベに用意したスープを少しづつ足して、常にかき混ぜナベ底にくっつかないように注意します。

15分位して一度味見をして見ます。
米の硬さを見て、硬いようであれば更にスープを足していきます。
ここで、適当な大きさにきっておいたアスパラを入れます。
くたくたのアスパラがいい人はもっと早く入れましょう!

アルデンテに、いいかんじに火が通ったら、火からおろし、パルメザンチーズをたっぷり入れて混ぜます。

これで出来上がり。
e0104154_9234854.jpg

ミキサーにかけたアスパラを入れることで、アスパラの香りがグンと引き出されます!

今日はこれに、しいたけのオーブン焼きを作りました。
ここは、大分。
大分ってしいたけも全国一の生産量なんです。
e0104154_925377.jpg

しいたけの足の部分をとり、そこに詰め物をしていきます。

その詰め物の中身は・・・・
パン粉、マヨネーズ、オリーブオイル、たまねぎ、パプリカ、ローズマリー、セージ、塩、こしょう、です。
たっぷりのマヨネーズを入れます。
野菜はみじん切りに、ハーブもごく細かいみじん切りにしてすべてを混ぜ合わせます。

これをしいたけにつめて、あとはオーブンで焼くだけ。
e0104154_9285439.jpg

オーブンで30分くらい高温で焼きましょう!
あとは、熱々を食べるだけ。
e0104154_929455.jpg

母親はこれにトマトソースをかけてもおいしいね・・・っていってました。

今日は、父も魚を食べさせてやろう・・・と、朝からかんぱちを買いに行ってくれてました。
うちの父は、魚に関してはプロです。
どんな魚でもさばいちゃいます。

そのかんぱち、刺身と琉球で食べました。
e0104154_9323822.jpg


e0104154_9325674.jpg


かんぱちは4分の1身買って来てたんですけど、父は皮も捨てずに料理します。
かんぱちの皮のうろこをきれいにとり、さっと湯通しします。
これにねぎをかけポン酢で。
e0104154_9353042.jpg

うまかったです。

結局琉球は漬けておいて明日食べるほうがいいだろう・・・ってことで今、冷蔵庫で寝てます。
楽しみです。

詳しいレシピは、いつでも聞いてくださいね!


デジタル人もアナログ人も、ポチッとよろしくお願いします!
これからも応援よろしく!
コメントもよろしく!!!
さぁ今日も一日一善、一日一ポチッ
人気blogランキングへ>
by mondoarmonia | 2007-05-27 09:37 | cibo - 食

イカ墨のスパゲッティ

今日は弟とその彼女がくるっていうんで、またまたおもてなし。

昨日新鮮な、というか生きたいかが手に入ったので、それもコウイカだったのでイカ墨のパスタにすることにしました。

コウイカは墨袋の大きいのを持ってるので、イカ墨のパスタにするには最適。
でも、実の部分はせっかく新鮮なイカ、刺身で食べたかったので、こちらはこそっと醤油で食べちゃいました!

おかげで具が足りなくなったので、やりイカの身を使って具を増やしちゃいました。
e0104154_950205.jpg


これがそのコウイカたち。

まだ活きてます。
イカを絞める時は眼と口の間に長い、太目の棒を突き刺すんです。
そうすることでイカの神経を一気に抜き、数日間は生きているときと同じような状態で保存することが出来ます。
2日たっても活きてます。

ここのところ、天候不良で鯖はまったくあがってないみたいです。
アジ・サバをしめる時も同じようなことをするんですが、そのあとに脊椎に針金を通し、一気に神経を抜くんです。
これでコリコリした刺身が数日後でも味わえます!
また、これは機会を見つけてお知らせしますね・・・

さて、このイカ・・・・
処理してるときに手がぬるぬるで黒くなっちゃって・・・・
写真ほとんどとらなかった・・・・
申し訳ない。

でも、とりあえず処理方法を・・・・

胴体と頭の間に指を入れつなぎ目をはずしながら、頭(げそ)を引き抜きます。
ゲソのほうに墨袋が見えるので、指で丁寧にはぎ取ります。
この墨袋は小皿にでも入れておきます。

この時期、中に眞子や白子も入ってるので、それも別にしておいておきます。

ゲソにくっついて茶色い袋がついてるので、それも根元から切り離しておきます。
これがワタです。 
イカ墨を作るときにこれも裂いて入れ、これでコクを出します。

身の部分は皮を剥いでおきます。
e0104154_9574023.jpg


そしてソース作り。

まずトマトソースを用意しておきます。
基本のトマトソースを作ってこれを煮詰めておきます。
煮詰めるときに一緒にトマトの濃縮されたものを入れると、おいしく出来ます。
この濃縮されたもの、イタリアでは簡単に手に入るんですが、こっちではあるかなぁ・・・と思ったら、某カ○メさんから「トマトペースト」としてスーパーで売られていました。
これ小袋に入って小分けにされてるので、これを数本入れました。
是非、これ使ってみてください!

なべにたっぷりのオリーブオイルを入れ、そこににんにくのみじん切りと鷹の爪を加え弱火で
いためます。
そこに、細かく切ったゲソ、を入れ炒めます。
色が少し変わってきたら、そこにワタ(指で中身を搾り出します)、真子、白子、イカの卵、などを入れ炒めます。
ここにコップいっぱいの白ワインを加えます。
アルコールをとばしましょう。

いたまってきたところで取っておいた墨袋を入れます。
ここでよく炒めましょう!
そうすることで生臭さが消えます。

このあと、先ほど作っておいたトマトソースを加え混ぜます。
よく混ぜ合わさったところに、きったイカの身の部分を入れます。

最初にいっぺんに入れる人が多いんですけど、俺は身が固くならないように、
あとで、入れます。

あとはスパゲッティをたっぷりの塩水でゆでて、あわせれば出来上がり!
e0104154_10155660.jpg


うちの家族も、弟たちもみんな最初、食べる前は「え、イカ墨のパスタ? いつも生臭くておいしいもの食べたことがない・・・・」
っていいてたんですが、今日は満足してくれて様子。
「へぇ、これ生臭くない、おいしい」っていってました。

今日はこれに、帰ってきてから作っておいた塩豚が出来たので、それを一品。
まえにブログでも紹介したものです。
e0104154_10185010.jpg


そして、俺はというと・・・・
やっぱり日本にいるときは出来るだけ日本のものが食べたいので、昨日の残りのアジを
「琉球」にしたものを食べました。
この「琉球」おいしいし、簡単なんで作りかたかいときますね・・・・
しょうゆ、酒、みりんを 3:1:0,5くらいかなぁ・・・ 
でも、お好みでしょうゆの量減らしたり、うちでは天つゆなんかも少し入れます。(うちすごく薄味なんで・・・)
そこにアジ(そのほか切り身なら何でもいいです)を入れて、刻んだねぎ、ゴマ(お好みで大葉も)をたっぷり入れて一晩つけておきます。
うちでは砂糖も少し入れます。(でもこれが「関」の作り方)
これを熱々のご飯にかけて食べるんです。
e0104154_10263326.jpg

ちょっと見にくいかも知れないけど、これです。

これ、ご飯がいくらでも入ります。
お茶漬けにしてもおいしいんで、沢山作り置きにしといてもいいですねぇ・・・・

今日はうちのテンちゃん(チワワ、ロングコート)も食べたそうにテーブルの下からのぞいてました。
e0104154_1030425.jpg


テンちゃんもお勧めする、今日のご飯。
皆さんもつくってみてくださいね!


デジタル人もアナログ人も、ポチッとよろしくお願いします!
これからも応援よろしく!
コメントもよろしく!!!
さぁ今日も一日一善、一日一ポチッ
人気blogランキングへ>
by mondoarmonia | 2007-05-26 10:33 | cibo - 食

かぼちゃのニョッキ

電話で突然、うちのばあちゃんの妹(別府に一人で住んでます)が、HEROのイタメシが食べたいからご馳走して・・・・って言ってきたので、今日は何か作らなくては・・・・と。

家にかぼちゃがあったので、かぼちゃのニョッキを作ることに。

おばちゃんは俺が高校のころまでうちで一緒に生活してたんやけど、行動派のおばは毎日なんか習い事してて・・・・
そこで知り合った人と60代にして再婚。(戦争未亡人だったんで・・・)
そして別府で暮らしてたんですが、去年おじさんが他界、今は一人で暮らしてるので、時々遊びに行って、ご飯作ってあげたりしてます。

さて、そのニョッキ。
作り方はとても簡単。

かぼちゃ、小麦粉、卵、パルメザンチーズを混ぜ合わせます。
かぼちゃは皮をむき、電子レンジでやわらかくしボールに移してつぶします。
そこに卵とパルメザンチーズをいれ、よく混ぜ、そのあと小麦粉を足していきます。
この小麦粉で硬さを調整します。
e0104154_9331451.jpg


俺の好きなニョッキはやわらかいニョッキなんで、タネをやわらかめにして、
生クリームなどを絞る絞り袋に入れて、それをゆで汁の上で絞り、ナイフで切りながら落としていきます。
こうしなくても、少し硬めにして、台の上で指の太さに伸ばしてナイフで2~3センチの長さに切って物をゆでてもよいです。

でも、やわらかい方がおいしいと思いますよ!

このニョッキには、トマトソースをかけます。
オイル、たまねぎ、トマトの水煮、塩だけで、基本のトマトソースを作ります。
これをできたてのニョッキの上にかけて出来上がり!

日本は、かぼちゃがホクホクでおいしいので、是非試してみてください!
e0104154_936743.jpg


今日は、このニョッキと一緒に、カポナータを作りました。
この作り方は、以前のブログをお読みください!

そんなこんなで料理してるとき、近所のおっちゃんが釣りに行ってたくさん釣れたから・・・って
立派なアジを沢山くれました。

ここは、大分。
関アジ、関さばの地です。
おっちゃんが釣ってきたのも、もちろん関アジ!!
東京では、1本中くらいのものでも万近くするものがこっちではスーパーで普通に売ってるし、おっちゃんも釣ってきます!

今日は、これも使ってカルパッチョ風サラダも作りました。
アジは3枚におろして、歯ごたえを出すために少し厚めに切っておきます。
これを、おお皿にレタス、赤たまねぎ、パプリカ、大葉を散らして、醤油ベースのドレッシングをかけて食べます。

e0104154_9465460.jpg


俺は・・・というと、せっかくこっちにいるときしか食べれないので、このアジに大葉を散らしただけのシンプルなものを、わさび醤油でたべました!

e0104154_9483048.jpg


今日、このほかに、おばに家に持って帰ってもらうようにパンも焼いてたので、それも載せますね・・・
e0104154_9493869.jpg


e0104154_9495723.jpg

ブリオッシュ生地のパンに、中に干しぶどう、干し野生のブルーベリー、甘納豆を入れて、上にサトウキビ砂糖とけしを散らして焼きました。
うまかったです。
その証拠に、昨日は15個焼いたのに、昨日のうちに全部なくなっちゃいました・・・・

今日はおまけってことで、アジの3枚卸のときのいくつかの写真を載せときます!
まず頭を落として、身の両端から包丁を入れ骨から身をはずします。
e0104154_9565822.jpg


e0104154_9571675.jpg


このあと、皮をとるんですが、頭側のほうから身と皮の間に指を入れ、少しはがし、そのあとは皮を持って尻尾に向かってはがしていきます。
e0104154_9563994.jpg



ここまできたら、後は腹の部分の骨をとるようにそぎ切りします。
e0104154_9595194.jpg


あとは、身の中心にある小骨をとります。
中心の赤くなってる部分に沿って包丁を入れてきっていきます。
e0104154_102122.jpg


あとは好きなように切ってもらえばOK!
これであなたもいつでも3枚卸が出来るようになります!

たまには切り身でなく、新鮮な魚丸ごと一匹を使って料理してみません???


デジタル人もアナログ人も、ポチッとよろしくお願いします!
これからも応援よろしく!
コメントもよろしく!!!
さぁ今日も一日一善、一日一ポチッ
人気blogランキングへ>
by mondoarmonia | 2007-05-25 10:04 | cibo - 食

トマトの種の利用法

皆さん、トマトの種ってどうしてます?
そう、あのトマトを割ったときに出てくる、中に入ってるドロッとした種です。

サラダなんかのときには、あまり掻きだして使うって人は少ないかもしれませんよね…

イタリアでは、保存するためのトマトソースを作るとき、種は入れません。

今回は、夏の料理にぴったりな種の食べ方を紹介すると同時にとまとのつめものも紹介しましょう!

まずはトマト。
半分に切り、小さなスプーンを使ってひとつづつ中の種をボールなどに掻きだしていきます。
半分に切った、種を取り出したトマトは詰め物に使うので、そのままおいておきます。
e0104154_9523371.jpg


まず、詰め物からいきましょうか・・・

材料は、パン粉、ハム、ケッパー、オリーブ、卵、牛乳、パルメザンチーズ(またはピザ用のとろけるチーズ)塩、コショーです。

パン粉をボールに入れて、そのほかの材料をすべて細かく刻んでいれます。
そこに牛乳を加えます。
よく混ぜハンバーグのタネよりもちょっとやわらかめの硬さになるまで牛乳を入れます。
塩、コショーで味を調えます。
このとき味見をして薄めの塩味がきいてる程度に塩を入れます。
あとは、これを種を抜いたトマトにつめていくだけです。

今日はパプリカが少しあったので、そっちにもつめました。

この詰め物、肉を使わないんでとてもヘルシーですよ!
e0104154_9595016.jpg


こうやって天板に並べ、詰め物の表面にパルメザンチーズをふりオーブンで焼きます。
中身は生でも食べられるものばかりなので、表面に焦げ目がつくまででOK!
アツアツを食べましょう!

ちなみに、パプリカでやるときは、横半分に切り、種と白いところをきれいに取り出し、ヘタをとって、一度下茹でします。
熱湯で5~10分ほどゆでます。
それに詰め物をして、焼きましょう!

さて、肝心な種ですが、種の入ったボールの中に、刻んだ赤たまねぎ、ケッパー、オリーブオイルを入れ、塩で味を調えます。
味見をして自分の好きな濃さにしてください。

これを、さいの目に切ったパン(出来ればトスカーナパンとか、それに似たずっしりしたパンがいいです)にたっぷりかけて出来上がり。

パンのサラダです。
e0104154_1093634.jpg


これ、すべてトマトの種だけで作ってるんです。
今まで種を捨ててた人、もったいないです、捨てないようにしましょう!

今日は、パンも作っちゃいました。
材料は粉と、水と、イーストだけ。
今、母親に天然酵母を作ってあげてるんで、来週くらいにはそれで作りたいと思いますが(天然酵母は時間かかるんで・・・)今日は、イーストで・・・

材料は・・・・・

強力粉 150g
水    150cc
イースト 小さじ3

まずこれで発行生地を作ります。
これ全部いっぺんにあわせて混ぜ(まとまる程度でいいです)ボールに入れて、今の時期なら半日くらい置いて発酵させます。
発酵ができたら、ここに、 強力粉400gとみず300ccを入れてよ~くこねます。
e0104154_10184360.jpg

生地が滑らかになって手にくっつきにくくなったら生地をまとめて、天板にのせて発酵させます。

今回は約50分発酵させました。

それを190度のオーブンで約40分前後焼いてください。
表面が黄金色に色づけばOK!
e0104154_10194498.jpg


切ってみると・・・・
e0104154_10202369.jpg

こんな感じです。

日本ではあまり見かけない、脂肪分ゼロ、塩ゼロ、砂糖ゼロのパンなので、うちろ家族からは嫌われるかなぁ・・・と思ったら以外に、みんな「これはうまい!外がぱりぱりで中がやわらかくておいしい・・・」って言ってました。

また、このパンがイタメシに合うんです。
しかも、上に書いたようなパンサラダとか、あとは、クロスティーニなんかにもよくあいます。

今日も、是非、やって見ましょう!
時間のない人は、週末にでもパン作りしてみては???

これ、以外にストレス解消になるんです!


デジタル人もアナログ人も、ポチッとよろしくお願いします!
これからも応援よろしく!
コメントもよろしく!!!
さぁ今日も一日一善、一日一ポチッ
人気blogランキングへ>
by mondoarmonia | 2007-05-24 10:25 | cibo - 食

カルボナーラ

実家に帰ってくると、いつも俺の作るイタリア料理を首をなが~くして待ってる人が一人。

誰だと思います?
たぶんわかんないだろうなぁ・・・・・

父でも母でもなく、うちのわんこ「テンちゃん」でもなく・・・・・・・
何を隠そう、91歳のばあちゃんです。

えぇ~~~っ! って思ったでしょ?
俺もびっくりです。
普通91って歳だと、あっさりした日本食がいい・・・・漬物がいい・・・・とかっていうのが主流。
が、うちのばぁちゃんは違います。
イタメシ食いたくてしょうがないのです!

俺が実家に帰ると、毎日沢山のリクエスト!
しかもテレビや雑誌で見たものまで、あれが食べてみたい・・・・とリクエストします。

ちなみに、びっくりさせるついでに、もうひとつ。

うちのばぁちゃんほんとハイカラで、いつも俺が日本へ行く・・・っていうのを知ると、
イタリアに電話かけてきて、頼みごとをするんです。

「HERO、今年もクリスチャン○オールの香水を買ってきてくれん? あ、小さいのはだめやけん、大きいのかってきて・・・」 と。
しかもちゃんと名前指定もあるんです。
「Dolce vita」 が、愛用の香水なんです。

ま、そんなこんなで、たまに帰る日本では親孝行、ばあちゃん孝行もせな・・・・・
ってことで、ま、得意の料理、買い物くらいはするんですけどね・・・・

てなことで、そろそろレシピ、いってみましょうか!

今日のメニューは「カルボナーラ」

日本ではとても重た~いパスタだと思われがちですが、そんなでもないですよ。
俺のレシピなら・・・・

日本の雑誌やテレビでよく見る作り方は、必ず中に生クリームを入れてるんで、それが重くさせるんですよね・・・・・
でも、俺のレシピ(というか、イタリアでは)生クリームは入れません!
だから重くないんですよ!
しかも、作り方はいたって簡単!
是非、今日やってみてください。
しかも、日本で手に入る材料でやってますから!

まず用意するのは・・・・・

たまご
パルメザンチーズ(すりおろしたもの)
パンチェッタ(またはベーコン)
にんにく
たまねぎ
鷹のつめ
オリーブオイル
しお
こしょう
レモンの皮の摩りおろしたもの

です。

まず、すりおろしたパルメザンチーズと卵をボールに入れてあわせておきます。
分量は、大体一人分が卵1個と黄身1個くらい。
チーズはた~っぷりっていうのが俺の目安。(って目安になってなくてすいません)
今日は4人分作ったので、卵4個と黄身2個分で作りました。
黄身だけで作るっていう人も沢山いますが、俺は全卵も使います。
e0104154_9284837.jpg
 
これをしっかり混ぜ合わせておきます。

にんにく一かけとたまねぎを少し、それにベーコンと鷹のつめをフライパンに入れ、た~っぷりのオリーブオイルで弱火でじっくりいためます。
ここのポイントは、オリーブオイルを思ったよりもかなりた~くさん入れること。
ほんとに、これでもか・・・っていうくらい入れてみてください。
大丈夫ですから!
e0104154_9314939.jpg

これを炒めると・・・・・

e0104154_9322115.jpg

せめてこのくらい狐色になるまで炒めましょう!
弱火でやると結構時間かかりますが・・・・・

そして、この炒めた具の荒熱をとり、先ほど混ぜておいた卵とチーズのボールの中に入れてあわせます。
e0104154_9341113.jpg

混ぜたらこんなかんじ。

ここまできたらあとはスパゲッティをゆでるだけ。
ちょっと太目のスパゲッティを使いましょう!
ここでのポイントはたっぷり塩を入れて、しっかりとした塩水でゆでること。
ここで、パスタに塩味をつけることで、具の中には塩を入れません。

アルデンテに茹で上がったらよくお湯を切り、さっきのボールの中へ入れます。
ここで、レモンの皮のすりおろしたものを少しと、粗引きコショーを一緒に入れます。
e0104154_937448.jpg


えぇ~、レモンのすりおろし?
って思った人、沢山いると思います。
これ、なくてもいいんですけど、もう少しさっぱり感を出したい人にはお勧め。
これで、ほんのりレモンの香りのする、カルボナーラが出来ます。

すべてをよ~く混ぜ合わせたら、あとは器に盛って食べるだけ!
お好みで更にパルメザンチーズをふってもいいです。
カルボナーラはさめるとまずいので、温かいうちに食べましょう!
e0104154_9425880.jpg


「あれ、HEROは卵に火を通すの忘れてるよ・・・・・」と思った人。
大丈夫です。
この俺のレシピ、卵には火を通さないんです。
日本でよく見るカルボナーラって卵に火が通って、いり卵みたいになってるのよくありますよね・・・・
あれはだめです。
カルボナーラはやっぱりクリーミーじゃないといかん!
こうすることでとってもクリーミーなカルボナーラになるんで、是非、まねしてみてください。
うまいです、ほんと。

さぁ、今日は、何食べたいんやろうねぇ・・・・ばあちゃん!


デジタル人もアナログ人も、ポチッとよろしくお願いします!
これからも応援よろしく!
コメントもよろしく!!!
さぁ今日も一日一善、一日一ポチッ
人気blogランキングへ>
by mondoarmonia | 2007-05-23 09:46 | cibo - 食

浦島HERO 

やっとネットを満足に使える環境になりました!

昨日、実は出先で頑張ってみたんですが、そこ、100円入れるごとに10分間使えるってところで、残り30秒になると画面が変わり「あと残り30秒です、100円を追加すればこのまま続けることが出来ます」って言うから、それを信じて4回も100円入れたのに、4回ともそれまで書いてた画面消されて・・・・
結局、4回ともいい調子でUPしてたのに、しかもあと数行で書き終わり・・・ってところで消され・・・・
しかも4回も。
最後は怒って、投げ出してしまいました!

でも、この書いてない間も沢山の人がポチッとしに来てくれてたみたいで、ほんとうれしいです。
もう、涙で目がにじんで、何も見えない~~!

本とに有り難うございました!



さて、今巷ではやってるオフ会!(って、ほんと? たぶんあるところで・・・)
俺も初めてのオフ会をやっちゃいました!

ひょんなきっかけで、気が合い(って勝手に思ってるだけ)いろいろと話するようになった巷では有名なBUNTAさんと会っちゃいました!

うわさどおり(???どこの噂?)セレブでインテリでええっとあとは・・・一応かっこよい(ということにもしといて)、とても面白い人でした!

いや、ほんと久しぶりにこんな自分が、「この人すごいなぁ・・・・」って思える人に会いました!
俺実は結構辛口で、あまりそういうのって思わない人なんですけどね・・・・
でも、今回はほんと久しぶりに、いろんな話をしてて、ほんと楽しかった!

しかも、もちろんあったのはそのときが始めてなのに、何かず~っと前から知り合いだったかのような・・・・
なんかこういうオフ会とかって会う前に、待ち合わせ場所に行くとき、「どんな人何やろ?」
とか、「面白い人かなぁ」とか、何かそんなん、考えてちょっとどきどきするかなぁ・・・・とか思ったけど、全然ドキドキなかった。

「原宿で3時に表参道側の出口で・・・」
っていうメールもらってたから、ホテルのチェックイン14時にして、(その時間しか入れてくれなかった・・・朝11時にはホテルにいたのに!)急いでシャワー浴びて、着替えて、電車に乗って原宿へ向かってると・・・・・
新宿を過ぎたところで・・・・・
「少し遅れます。すいませんこっちがラテンで・・・・」って。
ここで普通の人なら「初めての待ち合わせに遅れるなんてっ、キィッ」
とかなるのかもしれんけど、俺は他称「ナポレターノ(ナポリ人)」なんで、そんなの全然気になりません。
俺は待たせるのも(?)待つのも平気な人です。

で、待つこと8分。
電話がなり、「あ、今どこ?」
「そっちは?」
「今、宝くじ売り場の前にいるよ」
「OK、じゃそっち行く」

さて、ストリートパフォーマンス見ながら、昔々にこの辺よく通ったなぁ・・・とか思って回想してたのを断ち切り、いざ宝くじ売り場へ。
売り場のすぐそばに行ったとき、一人のサラリーマン風の人が、俺のほう見ながら
「お疲れ様~」って、手を挙げる。
俺 「え、こ・この人? なんか思ってた人と全然違うやんけ・・・・」
と思いながらも一応俺もニコニコしながら近づく。
あ、あれ・・・・
その兄ちゃん俺通り越して行ってやんの・・・・
と、そのすぐ後ろから、又違うなりのピシッとスーツ来た兄ちゃんが、「あ、HEROさん?」
「あぁ、Buntaさん!」
いやぁ、あまりにも思ってたとおりの人で、しかも、なんか前から知ってたような・・・・

とりあえず、土曜日の原宿はすごくうるさく、もう俺らはあの人ごみと騒音の中に耐えうる年齢を通り越しており(悲)、セレブなお兄様は車だったので、とりあえず車でドライブしながら話そう・・・・ってことになり。

3時に出発して、ずーっと走りながらいろんな話してたらいつの間にやら6時過ぎ、とりあえずお茶しようか? ってことで、セレブ御用達のセレブな喫茶店へ。
東京のど真ん中に静かないい雰囲気をかもし出した、いい店でした・・・・

で、そのあと、BUNTAさんはまだ仕事があるってことで、その前に軽く食べときたいし、なんか食べに行く?ってことで、セレブ御用達、スペイン料理の店へ。

店はこれまた、いい雰囲気で飾ってなく、日本にもこんなにぎやかなレストランあるんだ!
と、まるでスペインを思わせるパエリヤのおいしい店でした!(ちなみに某テレビ局の裏です)

軽く食べるつもりが、フルコースなんか食べちゃってさ(まぁ、俺だからね)ほんと、楽しかった。

結局8時から打ち合わせ(兼飲み会ともいっていたが・・・)だったのを遅らせてしまい、
ちょっと申し訳なかったなぁ・・・という気もありながら結局渋谷駅まで送ってもらい、
そのあと、Buntaさんは仕事へ行きました。
アメリカ人の仕事相手たちとのミーティングだったらしいけど、「いつも8時に始まるって言っても結局、みんな集まるのは9時だから、連中は・・・」って言ってたけど、アメリカ人もちょっとなポリ人なんだねぇ・・・・

俺なんか超~ラフに、ジーンズにTシャツだったのに、Buntaさんはピシッとスーツにネクタイ。
つれてってもらった東京のど真ん中は、最近行ってないからマジで浦島HERO状態で、
しかも、新しいビルたちがいっぱい出来てて、もう、完全におのぼりさん状態。
後々考えたら、ほんと、セレブでインテリな都会暮らしの兄が、田舎から兄を訪ねて出てきた弟を仕事の合間を利用して、都心を兄に連れまわされてる・・・・様なかんじで・・・・(あ、もちろん、年は俺のほうがずっと下ですから・・・(^v^)¥)
あれは絶対傍から見てもおかしかっただろうなぁ・・・と思って、思わず別れたあと、BUNTAさんにメールしてしまった。

でも、本と、俺がなんかBUNTA=セレブってイメージを一般の皆様に染み込ませてるみたいで・・・・ ちょっとBuntaさんに申し訳ないけど・・・・
でも、ほんとのことですから・・・・(ってまだ言ってる)

飛行機がイタリアの朝出発で、日本入りが朝7時というスケジュールで、時差ぼけ心配してたんだけど、ついた日の午後、Buntaさんに会って付き合ってもらえば寝ないし、その夜は時差ぼけなしに寝れるかなぁ・・・・と思ったら、寝れるどころか・・・・
久しぶりの自分が尊敬できる人にあったからうれしかったのか、寝れない・・・・・
1時、2時、3時、4時、テレビも放送終わったりし始めてんのに、寝れない。
結局、朝6時くらいにしか寝つけづ、でも、それも1時間くらいで目が覚め・・・・・
それが昨日の夜もおんなじ様なかんじで・・・・・・

確かに、すごい人にだった。
でも寝れないのはBUNTAのせいだぁ!
と、声を大にして言い、責任転嫁してみました。(笑)

でも、本と楽しかった。 心から・・・(ま、向こうはどうかわからんけど、俺は一人で勝手に楽しんでたよ)。

ほんと、忙しいところ、時間とってくれてありがとう。

これを気にオフ会増えたりして・・・・・


デジタル人もアナログ人も、ポチッとよろしくお願いします!
これからも応援よろしく!
コメントもよろしく!!!
さぁ今日も一日一善、一日一ポチッ
人気blogランキングへ>
by mondoarmonia | 2007-05-21 22:51 | altro - その他