イタリアで生活する歌手   渡辺弘樹が送る      「アナログ」な生活…


by mondoarmonia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
あぐり りんくす
Gomamongara ?
◆ Mamma ho f...
農のいろは塾 ≒ 行った...
イタリア子連れ放浪記
ばーさんがじーさんに作る食卓
Ryoの気ままにフォトブログ
buonviaggi.e...
ぼのこじ日記
La Vita Tosc...
2008年にイタリアンレ...
彩つ頃
Vivere in To...
GREEN AVENUE
トルコ子育て生活
イタリアを楽しもう!
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
海の向こうで(カリフォル...
施基彩々
奈良 野菜ソムリエの店 ...
Paw
ほんのわの読書日記   ...
It's a うさラビ ...
Facciamo una...
Alex's Diary
女は度胸!やるっきゃないもん
SCRAP BOOK  ...
フランス Bons vi...
Diario
VINO! VINO! ...
Sotto il Cie...
IL Nostro Ni...
カッラーラ日記 大理石の...

携帯からはこちら・・・

http://mblog.excite.co.jp/user/analogico

よろしく!

掲載写真の無断使用は
お断り致します。

Copyrights(c) 2007
All rights reserved by mondoarmonia

人気ブログランキングに参加しています! 
ご訪問の際は是非この下のロゴを1クリック、お願いします!
皆様の清き1票を!


人気blogランキングへ



HEROへ直接メールしたい方は  こちら!
hiro_w_it@hotmail.com



エキサイト以外のブログ

Ride on Music!
春日町まで
『5月の歌』という名のレストラン
ジャックとブリだーと『田舎な香港』
ドイツ発 あたし的ブログ
ドラゴンストーリー イタリア料理
薫子流♪アロマテラピーケア日記
ミラノ駐在ブログ
あやのすけきままなお散歩
夢にしがみつく
東の果てのユートピアン
ミラノ暮らし
jacqueline a genova
てげてげで行こう!
やのともこの部屋
Dolce Foto ワンコ写真を甘く、ゆるく・・・

カテゴリ

全体
Teatro - 劇場・仕事
amici - 友人
natura - 自然
cibo - 食
column - コラム
altro - その他
profilo - プロフィール
未分類

最新のトラックバック

小澤征爾 齋藤秀雄 フォ..
from ほんのわの読書日記     ..
小澤征爾 齋藤秀雄 フォ..
from ほんのわの読書日記     ..
「森のきのこグラタン風味..
from どんな味かな。Before ..
car insurance
from car insurance
富山 結婚式場
from 富山 結婚式場

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
料理・レシピ

画像一覧

カテゴリ:cibo - 食( 237 )

クスクス ーうちごはんー

ブログなるものを書き始めてはやもうすぐ1ヶ月。
ブログランキングに参加してから2週間ですが、皆さんのおかげでランキングもすでに30位!
ちょっと最近停滞してますが(笑)、自分でもびっくりする出来だと思ってます!
毎週たくさんの人が覗いていってくれています。
こうなると俺もがんばって毎日書こう!という気になります!
ランキングに反映される順位ってのはなんか最初は気にしてなかったけど、やっぱり、たくさんの人が応援してくれてるってのがわかってうれしいですね!
これからもよろしくお願いします!
皆さんも忘れずに一日一ポチッ!
毎日のブログの最後にある人気blogランキングへと書いてるところをクリックしてもらえると、その1票が皆さんからの応援になります!
よろしくお願いします!!!

さて、今日は久しぶりにエスニック。
ちょっと前にSorella kから「トルコ料理の本」をトルコ土産に買ってもらったので、今日はそこからなんか作ろう!と。
まずはチャイなんか入れちゃって気分よく本を読み始めました。
このグラスたちはお土産でトルコから買ってきてくれたほんまもんです!
e0104154_6324754.jpg


仕事から帰ってきて、息抜きにもなるし・・・と本を読み始めましたが・・・
材料そろってるもんないじゃん・・・

となると、そこはHERO君の出番。
じゃ、あるもんでアレンジしてトルコ風にしちゃおう!
ってことで・・・
今日は野菜たっぷりの豚のスペアリブの入ったクスクス!
え?なんだって?
すでにトルコ風じゃない?
ま、確かにトルコは豚食べんからねぇ・・・
ま、その辺は愛嬌で・・・・・
e0104154_6462234.jpg


まず肉をオリーブオイルでさっと炒めます。
表面に焼き色が付いたら、切った野菜たちをドン、とすべてなべの中へ。
今日は、にんじん、トマト、ズッキーニ、オクラ(これはトルコ料理には欠かせません)、それからなす(先に油通ししました)、パプリカを使いました。
油が全体にまわったらスープを入れます。
ひたひたよりちょっと少なめに・・・
これを煮詰めること45分。
ありったけのいろんなスパイスを入れて、トマトピューレなんかも少し入れて出来上がり。

肝心なクスクスはというと・・・・・
e0104154_652240.jpg


ハイ、今日はこのガリ君の紹介する中粒のものを使いました。
粒の大きさがいろいろあって、僕は”中”以上のものが好きです。
ま、好みの問題ですから・・・

クスクスは簡単です。
大体コップ1杯のクスクスに、コップ1杯の沸騰したお湯(塩水)。
e0104154_656386.jpg


まず、コップ1杯のクスクスにたっぷりのオリーブオイルをまぶしときます。

e0104154_657385.jpg


そこに沸騰したコップ1杯のお湯(塩水)を入れてよく混ぜます。
好みでバターを少し入れるとおいしいです。
よく混ぜたらふたをして4~5分蒸して出来上がり。

かんたんでしょ?
それを皿に盛り付けて・・・・・
e0104154_6592071.jpg


できあがり!
e0104154_703267.jpg

ちょっと煮込みすぎて野菜がほとんど解けちゃいました。
でもおいしかったです。

今日の付け合せは、いろんな野菜のピクルスの唐辛子のペースト和えです!
このピクルスちょっとしょっぱすっぱいんですが、唐辛子とよくあいます。
e0104154_725263.jpg


ごはんのあとはチャイ飲んで、今日のトルコな夜は過ぎていきました!

今度はちゃんとトルコ料理作ろう!
ガリの手も借りようかなぁ・・・・
e0104154_753770.jpg


今日も応援よろしく!
人気blogランキングへ
e0104154_9594247.gif
by mondoarmonia | 2007-04-22 07:07 | cibo - 食

レモンカード

レモンカードってしってますか?
ジャムみたいな、クリームみたいな・・・

先日、ローマの友達の実家になっていた無農薬レモンを使って作ります。

作り方はいたって簡単。

レモン(絞って汁だけ使います)   2~3個
皮(黄色い部分だけおろし器で削ります)  2~3個分
さとう   100~200グラム
バター   80~120グラム
卵   2~3個

ちょっとあいまいなのは、いつものことですが、ひとつ言わせてもらうと、すっぱいのが好きな人はレモンを多めに、甘目が好きな人は砂糖を多めに、固めのクリームにしたい人はバター卵を多めに・・・と、それぞれ好みによって少しずつ分量を変えてください!

e0104154_6564069.jpg


この材料すべてをボールに入れて、湯煎で火にかけていきます。
e0104154_658267.jpg


最初はこんなかんじでばたーもとけてませんが・・・
数分もすると・・・・
e0104154_6592540.jpg


上のようになります。

これを根気よく泡だて器でずーっと休まずに混ぜていくと・・・・
e0104154_715243.jpg


こんな風に黄色が鮮やかになってきます。
硬さは好き好きですが、冷えたら少し硬くなるので、そのことも考えて自分の好きな硬さで火からおろします。

熱いうちに保存用のビンにつめてふたをして出来上がり!
保存用のビンは水洗いして、電子レンジへ1~2分かけておいてください!
そうすることで簡単に殺菌もされます。
e0104154_764353.jpg


これで出来上がり。
ふたを開けたら冷蔵庫で保存するようにしてください!

俺は固めが好きなんですよね!
パンにぬったり、クラッカーやビスケットに塗って食べるのはもちろん、タルトなどのお菓子に使ったり、以外にチーズなんかにもあうんですよ!!!

今、レモンを初めとするかんきつ類の季節。
是非、レモンカード、作ってみてください!


たくさんのコメントありがとうございます。
ランキングもがんばってるので更なる応援、よろしくお願いしま~す!!!
人気blogランキングへ
e0104154_9594247.gif
by mondoarmonia | 2007-04-20 07:11 | cibo - 食

ドライミニトマト

今日はこれからローマへコンサートに行ってきます。
っていうのに、なんと突然のスト。
今朝9時から電車がストです。

イタリアではよくあることで、ほんとサービス悪いわ、時間通りじゃないわ、ローカル線はクーラーついてないわ・・・・・ってあげるといくらでも出てくるイタリアの電車事情!
なのに、しょっちゅうストしてます。
今朝はちょうど10時くらいの電車に乗って出発しようと思ってたのに・・・・・

でも、ストになっても主要都市を結ぶユーロスターという特急電車は数本動いてます。
今日はそれを狙っていこうかなぁ・・・と。

調べたところ、11時53分発のローマ行きがあるみたいなので、それに乗るつもりです。

ということで、時間が少しできたので、コンサート出発前に先日もらったミニミニトマトでドライトマトを作ることにしました。
このトマト、普通のトマトとはちょっと違います。
元はシチリア産でとても甘みが強いんです。
ほんと、果物みたいです。
形も丸くなく楕円形。
もらったときに少し生でも食べたんですが、もちろんめちゃくちゃ甘くておいしかったです!

e0104154_1723248.jpg


でも、こんなにおいしいとまた、俺のどこかで何かが騒ぎ出し・・・・・
よし、長生きさせてやれ・・・・・
って思うんですよねぇ・・・・
で、ドライトマトにすることにしました。
e0104154_1773644.jpg


えぇー、ドライトマトなんて、そんなことできるの?
って思う人も多いかもしれませんが、簡単です!
まず、トマトをよく水洗いします。
水気をよく切った後、たてに半分に切ります。
それを切り口をうえに、きれいに並べて表面に塩をふっていきます。
塩は思ったより多めにふっちゃってください。
で、これを太陽の下で干すこと10日くらい。
e0104154_1764851.jpg


後は待つだけです!
日本でもできると思います。
でも湿気が少し多いから、ちょっと日数がかかるかな???
完成品はまたUPします!

e0104154_171116100.jpg


作業してる横で「ガリ」がぐっすり、仰向けに寝てたんで今日は『ガリ』の寝顔初公開。


癒されてください!

癒された方も癒されなかった方も、今日もいつもの1クリック!
人気blogランキングへ
e0104154_9594247.gif

ではコンサート行ってきます!
by mondoarmonia | 2007-04-13 17:13 | cibo - 食

うちごはん―中華編

今日は初のうちごはん紹介しましょう!

先日momoさんのブログを見たとき、あまりにもおいしそうな餃子が載ってて、なんかやたらと食べたくなり、今日は早速餃子です。

今日は仕事があったし、あまり時間がなかったので、皮は冷凍のものを買ってきました。
イタリアでも冷凍の皮なら買えるんですよ!
時間があればもちろん皮から作っちゃう俺です。
特に、俺のショーロンポウと肉まんは最高です!!!
食べた人は、必ず『何で売らないの???』 と、言ってくれます。

と、まぁ、それはおいておき、では今日のおかずで、男の食彩改め、HEROの食彩と、いきますか・・・

まず、豚引きと牛引きをあわせ、そこに、おろしにんにく、おろし生姜をたーっぷり好きなだけ入れちゃってください。
そして、キャベツのみじん切りを作ります。
白菜派の人もいますが、僕はキャベツ派です。
それに塩をして数分おき水分を出して、よく絞って水気を切っておきます。
ひき肉とキャベツをあわせて、その仲に、しょうゆ、酒、みりん、オイスターソース、コショウ、パルメザンチーズを入れてよーく混ぜます。
俺は具に濃い目の味付けする人です。 momoさんもここは一緒らしいです。
僕のが変わってるのはパルメザンとオイスターソースかな?

で、それをよく練って、皮へつめていきます。
今日はsorella k が皮へつめるのを手伝ってくれました・・・・・
 
e0104154_7192399.jpg

上は俺がつめたもの・・・

下はsorella k・・・・・
e0104154_7253389.jpg


ま、いろんな包み方があるようで・・・・
大丈夫です、要は愛情ですから・・・・・
でも、sorella k ちゃんと包めば中国仕込のとてもきれいな包みができるんですよ!
今日は時間遅くて急いでたし・・・あの包み方、きれいだけどすんごい時間かかるんよなぁ・・・
あ、あと俺のお勧めするのは、包んだ餃子を皿などの上へ置くとき、大量の小麦粉をしいておく事です。
どうしてかは後で話しましょう!

さて、この包んだものを焼いていきます。
うちは大きな鉄板で焼きます。
e0104154_732244.jpg


鉄板に並べたら、お湯を餃子の3分の1がつかるくらい入れてふたをし、水分がなくなるまで火にかけます。

e0104154_7363383.jpg


これができあがり!
さっき書いた小麦粉のこと、焼くときに生の餃子についた小麦粉を落とさずに焼くと、その小麦粉が焼きあがりに薄い膜を作ってそれがぱりぱりな香ばしい餃子にしてくれます。
写真でわかるかなぁ???

今日はこの熱々餃子に、中華風のお吸い物、白ごはん、それに俺の大好きなエゴマの葉っぱのキムチです。
このエゴマの葉、ローマにいる韓国料理のレストランをやってる友達が自宅用に作ってるのを分けてくれるのは最高においしいんですが、今日は缶詰のものです。
でも、結構いけますよ!

e0104154_7421083.jpg


明日は娘のためのコンサート、いい歌が歌えるようにたくさん食べました!
って、何もなくてもたくさん食ってるんですけどね・・・


明日のコンサート、1クリックでの応援よろしくお願いします!
人気blogランキングへ
e0104154_9594247.gif
by mondoarmonia | 2007-04-13 07:44 | cibo - 食

白アスパラガス

今日は白アスパラガスが手に入りました。
e0104154_641739.jpg


ドイツにいたころ、たくさん食べたのを思い出します。
この白アスパラガス、土を盛りながら育てるので白くなります。
言ってみれば日焼けしなかったから、色白のままだってことですね。

食べ方は簡単。
ピーラーで皮をむいて、お湯の中に入れて茹でます。
e0104154_617041.jpg





e0104154_6225752.jpg
これが皮をむいたもの。
さらに白くなりました。






ドイツで聞いたのは、お湯の中に、砂糖少しと塩をほんのちょっと入れて茹でるといい・・・と。
ドイツ人はほんとこれ大好きで、今の時期しかないこの白アスパラガスをたくさん食べます。
しかも、白アスパラガスを茹でる用のナベまであるんですよ!!!
e0104154_6292098.jpg



なべにふたをして15分くらい茹でて出来上がり。
ドイツではくたくたになるまで茹でて食べる人がほとんどですが、俺はちょっとだけ歯ごたえが残るくらいが好きです。
今日は、この白アスパラガスにこの前sorella kがミュンヘンから買ってきてくれたソーセージと一緒に食べます。
e0104154_6371422.jpg


今日はこのほかにもう1品。
えんどう豆の季節になり、すでに新物が出てたので、たくさんの豆と、フィノッキオ(日本名はウイキョウ、もちろん山で採ったきたものです)と、ベーコンのいため煮したものに、卵をおとしたものです。
これも簡単。
e0104154_6424187.jpg



まず、たまねぎを炒めます。
軽く色がついたらベーコンを入れて炒め、そこにえんどう豆を入れていきます。
コンソメスープ(固形を溶かしたものでいいです)を豆とひたひたになるくらいまで入れて、少し煮詰めます。
豆が柔らかくなったら、卵をおとして、ふたをして1分。
これで出来上がりです。
簡単でしょ?

今日はこれにパンを添えて、春らしい夕食でした。
簡単なんでやってみてくださいね!


実は明日から仕事でローマです。
更新ができるかどうか、不安ですが、最悪、写真だけでも更新するつもりなんで、よろしくお願いします!
心配なのは日本語がうてるか・・・てのが一番心配です。
Pasqua(復活祭)で、世の中はお祭りで休みだというのに、俺は仕事でーす!

今日もお疲れ様。
さぁ、いつもの1クリック! 忘れずに!
人気blogランキングへ
e0104154_9594247.gif
by mondoarmonia | 2007-04-07 06:52 | cibo - 食

CAPONATA-カポナータ

今日は、朝から仕事でしかも目覚めも悪く、仕事場行ってみたら、いつも玄関付近で会う同僚たちの姿がまったくない。

え? なんで?
まさか・・・? 遅刻? 時間、間違ったっけ?

玄関を入り、守衛さんに「Buongiorno!」 いつものとおり愛想の悪い守衛さんは無言。
まったく挨拶ぐらいしろよ・・・と、いつものようにぶつぶつ言いながら練習場に向かうのはいつもと変わらない。
階段を上がり、練習場の近くになると、一人仲のいい同僚が・・・

俺    「Ciao! あのさぁ・・・・」
同僚   「はっはっはっは! HEROも時間間違えたんや!」
俺    「マジ?やっぱり時間、間違った? ほんとに?」
同僚   「まぁ、心配せんでも、今日は他にもLとか、Yとか、Dとか、全部で10人くらいおるし」

まったく、監督さんからも大笑いされ、「HEROが遅れることなんか今まで見たことない!絶対練習開始15秒前に計算したように来るのに!」
だってさ。
確かに、劇場の裏に住んでるので、時間を有効に使うために、きっちり時間を見て、いつもぎりぎりに行くようにしている。
あくまでも、時間の有効利用のため ・・・ ということにしてある。

おかげでこの前書いたように、遅れたから、練習室には入れんし、ギャラは引かれるし・・・・
でも、1分遅れて間に合わなかったわけじゃなく、30分遅れとったから・・・今日は。
ま、その辺はうまく割り切って・・・
次の休憩までの30分、ゆっくりと劇場の中のBarでカプチーノ頼んで新聞読んでた。
他の同僚が働いてるときにゆっくりとお茶するのって気分いいね!
癖にならんようにせんと。

そんなこんなで、おかげで今日はなんとなくだらだらとすることになり、料理するのも簡単なものにしよう・・・と、カポナータにしました。
カポナータは、日本で言うラタトゥーユ。
日本で言うっていったってフランス語ちゃうんか?
ま、いいことにしましょう。
で、こんなんにしてみました。
男の食彩 by HERO

俺は、いつも家にある野菜を何でも入れる。
今日はとりあえずこいつら。

e0104154_1412254.jpg  

これらをすべて適当に切ります。
野菜はほんと何でもいいです。
好きなものひとつだけいれても、とりあえずカポナータですから・・・
全部の野菜を切り終わったら、にんにくを2,3個つぶしたものを大きい、ふたのできる鍋に、たっぷりのオリーブオイルとともに入れます。
そのうえに切った野菜をドーンとすべて入れます。

e0104154_1503729.jpg








さぁ、後はこれにふたをして火にかけるだけ。
火加減はごく弱火で・・・
こんな感じ。

e0104154_1534259.jpg

俺が作ったのは量が多かったので、今回は1時間ちょっと火にかけてましたが、もっと小さい鍋ならもう少し短い時間でできると思います。
途中2・3回ふたを開けてかき混ぜます。

e0104154_1581671.jpg

で、これが40分くらい経ったところかな・・・
もう少し、がまんがまん。





でも、今日はあまりに腹へって耐え切らなかったので、1時間で終わり。
本とならもっと水分飛ばしたほうが好きなんやけど、でもこれでもOK.
その辺はお好みで。
で、塩で味付けをしたらカポナータの出来上がり。

e0104154_244467.jpg


あんまり見た目はよくないって?
でも味はばっちりです。
水入れるの忘れてない??? って思った人もいると思いますが、まったく必要ないです。
野菜からの水分だけでできます。

これがまたパンにあうし、俺は大量に作って、次の日はご飯だとか、クスクスと一緒に食べます。
冷えてもとってもうまいです。
時間がなくて、キッチンに立ってるのめんどくさいけど、うまいものが食いたいときにはお勧め!
やってみてくれぇ!

blogランキングに登録しました。がんばりますので応援よろしく!
あなたの1クリックが何よりの応援!
人気blogランキングへ
by mondoarmonia | 2007-04-01 02:09 | cibo - 食

creme brule

この前クレーム・ブリュレが食べたい! という同居人たちのリクエストに、自分もなんだか食べたくなり、作ってみた。

なぜかこの俺が今まで一度も作ったことなかったのは、ほんと不思議。
でも、あの、最後に表面を焦がすバーナーがなかったからかなぁ・・・
たぶんそれで作ってなかったんだと思う。

で、じゃぁ何で作ったか・・・・・というと、とうとうバーナーを買ったのです。
これがまた、すぐれもんでこれからまたいろいろつくらなあかんなぁ・・・と思ってます。

しかもめちゃくちゃ簡単で、なんかこんな簡単なのに外で食べるとなんであんなたかいんやねん・・・・と一人でぶつぶついいながら作ってました。
味も、また格別。

うまかった。

と、またいつものとおり、食べてから写真を撮ってないことに気づき、がっくり。
まぁ、いつものことといえばいつものことやけど、せっかくブログなんぞいうものを書き出したんなら、写真くらいとらんと・・・と心を入れ替えたところ。
ま、期待せずに待っててください。

ちなみに、レシピはというと・・・ いろんなレシピが歩けど、俺はいつも何種類ものレシピを比較して、そこに自分なりのアレンジを加えて・・・ってな感じなので、いろんなレシピが混じってます。
もしよかったら、参考に作ってみてください。
出来具合は、コメントにでも報告してください!
バーナーのない方はそれはそれで、濃厚プリンとしても食べれます。
あまり気にせずに作ってみましょう!

クレーム・ブリュレのレシピ
大き目のココット6個分

卵の黄身      6個分
生クリーム     500cc 
砂糖         70g

1、卵の黄身をよく混ぜておく。 オーブンは170度に温めておく
2、生クリームと砂糖は一緒にし、なべに入れ中火にかけ沸騰直前まで温める。
3、60度くらいに冷ました2を1に少しずつ加えていく。
4、泡立てないようによく混ぜたら、一度漉してココット型に入れていく。
5、ココットの2/3くらいまで水を張ったバットに入れてオーブンで20-40分蒸し焼きにする。
6、荒熱がとれたら冷蔵庫に入れ、1日やすませる。
7、分量以外の砂糖を表面にふり、バーナーで焼いてカラメルを作る。
8、できあがり!

実は焼いてすぐに砂糖をふってバーナーで焦がして食べても見たけど、一日冷蔵庫でやすませたほうがまったりとコクが出ておいしかった。
小さめのココット方を持ってる人は分量を半分にしていいです。
たぶん普通は半分の分量でいいと思う。
次回は写真載せます。
by mondoarmonia | 2007-03-28 02:11 | cibo - 食