イタリアで生活する歌手   渡辺弘樹が送る      「アナログ」な生活…


by mondoarmonia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

お気に入りブログ

生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
あぐり りんくす
Gomamongara ?
◆ Mamma ho f...
農のいろは塾 ≒ 行った...
イタリア子連れ放浪記
ばーさんがじーさんに作る食卓
Ryoの気ままにフォトブログ
buonviaggi.e...
ぼのこじ日記
La Vita Tosc...
2008年にイタリアンレ...
彩つ頃
Vivere in To...
GREEN AVENUE
トルコ子育て生活
イタリアを楽しもう!
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
海の向こうで(カリフォル...
施基彩々
奈良 野菜ソムリエの店 ...
Paw
ほんのわの読書日記   ...
It's a うさラビ ...
Facciamo una...
Alex's Diary
女は度胸!やるっきゃないもん
SCRAP BOOK  ...
フランス Bons vi...
Diario
VINO! VINO! ...
Sotto il Cie...
IL Nostro Ni...
カッラーラ日記 大理石の...

携帯からはこちら・・・

http://mblog.excite.co.jp/user/analogico

よろしく!

掲載写真の無断使用は
お断り致します。

Copyrights(c) 2007
All rights reserved by mondoarmonia

人気ブログランキングに参加しています! 
ご訪問の際は是非この下のロゴを1クリック、お願いします!
皆様の清き1票を!


人気blogランキングへ



HEROへ直接メールしたい方は  こちら!
hiro_w_it@hotmail.com



エキサイト以外のブログ

Ride on Music!
春日町まで
『5月の歌』という名のレストラン
ジャックとブリだーと『田舎な香港』
ドイツ発 あたし的ブログ
ドラゴンストーリー イタリア料理
薫子流♪アロマテラピーケア日記
ミラノ駐在ブログ
あやのすけきままなお散歩
夢にしがみつく
東の果てのユートピアン
ミラノ暮らし
jacqueline a genova
てげてげで行こう!
やのともこの部屋
Dolce Foto ワンコ写真を甘く、ゆるく・・・

カテゴリ

全体
Teatro - 劇場・仕事
amici - 友人
natura - 自然
cibo - 食
column - コラム
altro - その他
profilo - プロフィール
未分類

最新のトラックバック

小澤征爾 齋藤秀雄 フォ..
from ほんのわの読書日記     ..
小澤征爾 齋藤秀雄 フォ..
from ほんのわの読書日記     ..
「森のきのこグラタン風味..
from どんな味かな。Before ..
car insurance
from car insurance
富山 結婚式場
from 富山 結婚式場

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ

検索

タグ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
料理・レシピ

画像一覧

外人が外国で仕事をするということ

俺は、ここイタリアでは外人です。

もちろん、滞在許可証も持ってるし、96年に、劇場の試験を受けたときには、口頭でイタリア語の試験もあったし・・・(試験って言うよりはただの会話だったけど)

俺が試験を受けた96年は、外人に対しての制圧が今ほどでなく、たくさんの外人が試験を受けに来ていた。
あの時はテノールだけで130人くらい受けに来てて、結局受かったのは7人くらい。
自慢にもなりませんが(といいながら自慢)トップでした。
7人の中には韓国人も2人いたんですが、1年後に彼らは切られました。

98年からヨーロッパ人以外の人は試験を受けることができなくなりました。
政権が中道右派に変わり、外人への排除志向が強くなったためです。

俺は運よく、その前に働き始めたので、今もこうやって働くことができてます。
でも、働くための労働許可はなかなか下りず、日本で4ヶ月待ってました。

当時は国立劇場で働くということは公務員なのに、それでもなかなか許可の下りないことに腹も立てっていましたが、今、働こうとがんばってる人たちは、その許可を待つことさえできない人もいます。

というのは、今は試験さえ受けさせてもらえない・・・ということ。

仮に試験を受けることができても、かなり高い確率で働かせてもらえないんです。

この国にある外人に対しての法律は、かなりあいまいなものです。
とり様によってはどうにでも解釈できる法律になってます。

先日起こったことは、一人のバレリーナが試験に合格したのに、働けなかった・・・・ということです。

劇場はAとBがなければだめ・・・の一点張り。
そこで何らかの解決策を得るために労働組合や外人の滞在のことをよく知る専門の弁護士やアーティスト専門の労働局すべての関係するところにいろいろな質問をしたうえ、
出た結果は「劇場が一筆書けばそれで問題はない・・・・」
ということになったのに、劇場の返事は、「無理」。
「だから働かせることはできない」

この国ではよくある、1匹の犬が自分の尻尾を追い回しているような状態なわけです。

結局、誰一人として、「責任」を取りたくない。
誰一人として前例のないことはやろうとしない。

試験に合格して、力のある事が結果として出ている、しかもすべてが法律に沿って滞在してるものが、ただの「責任を取りたくない」ということで不甲斐ない思いをするのはおかしいと思う。

この国では、不法滞在者やジプシーの生活はきっちり守るのに、法律にそった合法滞在者は粗末に扱う・・・というところがあるんです。

年に1度、不法滞在者は、申請をすると合法滞在者に変えてくれます。
ジプシーは仕事もせず、郊外にキャンピングカーで生活をしてますが、そこでの電気代水道代は俺たちの税金から払われてます。
計算すると一人一日50ユーロくらいになるそうです。

こんな不法滞在者やジプシー、そして難民を保護することには真剣なのに、
きちんとした手続きを踏んで、まじめに生活しようとするものには、誰一人として助けを出すことはしない・・・・

たしかに、いったいこの人は何をするために、ここで生活してるんだろう・・・・・という人、日本人にもたくさんいます。
学生ヴィザで不法労働したりって言うのは、今じゃなかば当たり前。
それをしてる日本人をはじめとする外人も悪いけど、何とか仕事をして生活の足しにしたいとか、こっちにいたいと思う外人のそういう気持ちを利用して安く雇うイタリア人もよくない!

俺は日本で、どんな風に外人が仕事をするために手続きをしているのか、詳しくは知りません。
たぶん、日本のほうがここよりもっともっと厳しいような気がします。
でも、だからといって力を認められた人まで、日本でもつらい思いをさせているんだろうか?

外国に住んで、外国で仕事をするって事は大変だ・・・・・・
ってことだけで片付けてはいけないことだと思うし、もっと、せめてお役所の人間だけでもちゃんとした情報、法律を知っていてほしい。

皆さんの住んでる国ではどうですか?
やはり同じような事が起きているんでしょうか・・・・・?


デジタル人もアナログ人も、ポチッとよろしくお願いします!
これからも応援よろしく!
コメントもよろしく!!!
さぁ今日も一日一善、一日一ポチッ
人気blogランキングへ
by mondoarmonia | 2007-05-17 07:46 | column - コラム